About Ocho Camp

http://ocho-camp.com/

Posts by Ocho Camp:

H chair & H stool  紹介

H CHAIR (アチェチェア) と H STOOL (アチェスツール)のご紹介です。

座面に極厚のヌメ革を採用した、H CHAIR & H STOOL。

Hはスペイン語で「アチェ」と読んでください。

こちら、H CHAIR

.
こちらが、H STOOLです。


座面の革をHの形にすることで、持ち運びやすく、同時に、座った時のテンションが程よく、座り心地が良くなりました。

メキシコで昔からあるスツールのデザインをモチーフにしました。

ヌメ革は使えば使うほど革の魅力的な風合いを増す経年変化が楽しめる素材。

色や質感がどんどん変化していきます。

裏面にはしっかりとOcho Campの焼印が


座面は革職人が1枚づつ手仕事で仕上げています。

フレームはタペテチェアと同じ家具職人によるもの。レッドオークを使った丁寧で丈夫なつくりです。


座面が素敵なキャンプの思い出を記録してくれます。

じっくりと時間をかけて、自分だけのかけがえのない、イスをつくり上げてみませんか?

.
【 アチェ チェア 】
素材 : ヌメ革  レッドオーク 真鍮

座面 ・フレーム 共に Made in Japan

W520×D460×H675mm (座面までの高さ360mm)

(折りたたみ時 W520×D140×H545mm

.

【 アチェ スツール 】

素材 : ヌメ革 レッドオーク 真鍮

座面・フレーム共に Made in Japan

W485×D420×H360mm (座面までの高さ360mm)

(折りたたみ時 W485×D105×H545mm)

今年もヒヨコがやって来た!

Ocho Campは「ocho8 (オーチョ)」というカフェもやっています。

cafe ocho8は高知県の山間部にある築130年ほどの古民家をリノベーションしています。



もともとキャンプやカヌーツーリングが好きで、よく遊びに来ていた大好きな高知県に移住してきたのが9年前。

カフェは今年で8周年を迎えました。

カフェでは開店当初から自家製の卵を使った料理やデザートをお出ししています。

その卵はすべて自家製。


今年も80羽やって来ました。

はっきりと覚えてないのですが多分、今年のヒヨコたちが10代目!


今年も岐阜県からはるばるやって来ました。


森林などに生息する樹上に巣を作らない(飛ばない)鳥たちのヒナは、地面に落ちてる植物の実やタネなど、手に入りやすい物から口します。

ocho8のヒヨコたちもやって来たらすぐに玄米をついばみます。

玄米飼育方法はこういう自然の姿を再現しています。秋には美味しい卵を産んでくれるでしょう。

.

.


cafe ocho8の店内では[Ocho Camp]の商品を展示販売しています。

街からけっこう距離がありますが、近くにお越しの際はぜひ一度お立ち寄りください。アンパンマンミュージアムや、やなせたかしさんの生家のほど近くです。

【GO OUT CAMP 関西 vol.5 】に出展してきました。

11月4日(金)〜6日(日)までスチールの森 京都でおこなわれたGO OUT 関西 vol.5に出展してきました。

高知を前日の朝一番で出発し、昼過ぎに到着。もう他の出展者さんたちはだいたい設営が終わってるようでした。

夕方から始まる前夜祭までは時間があるのでゆっくりお店&テントの設営。

子どもたちに大盛況!こんな体験をできるのもGOOUTCAMPならではです!

一応店番してます。。

夕方、灯りがともるといい感じ。

あちこちでランタンや焚き火の明かりが。

夜のテント村は全体に一体感があってきれいです。

次の日は朝からチラホラ雨が。

前回にも感じたことですが、アウトドアが好きな人たちは少々の雨なんか逆に楽しんでいるようです。皆さんたくましい!

GOOUT関西はふもとっぱらのGOOUTCAMPより規模は小さいですが、それが逆にアットホームな、いい雰囲気を醸し出しているのかもしれませんね。


今回はキャンプ道具一式、イベント出展商品、家族4人+犬1匹を満載して今回は高知から京都まで往復850km頑張ってくれたヴァナゴン。

頼りになります。

またどこかでお会いしましょう!

【GO OUT CAMP vol.12】に出展してきました。

2016年9月30日(金)〜10月2日(日)まで、ふもとっぱらで行われたGO OUT CAMPに出展してきました。

GO OUT CAMPの出展は春に続き2度目。

今回は家族も同行です。

一日目、生憎のお天気ですがブースの方にも徐々に人が集まってきました。アウトドア好きの人はさすがに雨なんかなんとも思ってない感じ。

逆に自慢の雨具やブーツを使えて楽しそう!

夜はすっかり雨も上がり星がでてきました。

GO OUT CAMPの夜は GOROPIKA!

大人も子供も魅了される炎のショー!ウチの娘たちは、すっかりファンになりました。後日家に帰ってからも何度もyoutubeをせがまれました。

二日目の朝。奇跡的に数分だけ富士山が顔を出してくれました!やっぱりすごいね。富士山は。


晴れの合間に娘たちはツリーイング。インストラクターさんにとても丁寧に指導していただいたおかげですぐにコツを掴みスルスルと登っていきました。

ドロドロでも楽しく過ごせたGO OUT CAMP

ブースまで足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました!次はGO OUT CAMP 関西でお会いしましょう‼︎

【OUTING CAMP 2016秋 】出展 してきました。

2016.9.17(土)〜9.19(月)に滋賀県のマキノ高原キャンプ場で行われた【OUTING CAMP 2016秋】に出展してきました!


どんよりしたお天気の中、設営完了してイベントスタートです。

今回は新作テーブルやチェアなどの初お披露目も兼ねて。

家族全員でのイベント初参加です。

このイベントに参加されているみなさんは、とにかくこだわり度がスゴイ‼︎

テント、キャンプギア、クルマ、ファッション全てトータルで完成されてるキャンパーが、この日、この場所にギュッと集まった。

そういう印象でした。


厚い雲を吹き飛ばすような楽しい雰囲気。

派手な音楽ライブやアクティビティなどはないのですが、それがかえって純粋にキャンプを楽しめる素敵な大人空間を作っている気がします。


バッタや

カエルもご来店。


最終日、ずっと不安定だった空が明るくなり奇跡の乾燥撤収でイベントを終えました。

ありがとうございました。

真夏の高原キャンプ (姫鶴平キャンプ場)

高知県と愛媛県の県境、四国カルストにある姫鶴平キャンプ場に行ってきました。


こちらは、標高約1400m ‼︎

真夏でも「寒い!」を体験できる貴重なキャンプ場です。

クネクネ山道を登りに登り、やっと到着!


たくさんの牛たちがお出迎え。


ペグはシッカリ刺さりやすい地面です。

雨の後、水たまりが出来る箇所があるのでテント設置の場所選びは要注意です。

ここのキャンプ場は夕方から急に天候が崩れドカっと大雨が降ることが多いので到着早々に設置を終え一杯いただきます!

キレイな夕方

ほんとに涼しいです。


夜は串カツ。

娘たちも一緒に串に刺して楽しく仕込み。

美味しいし、お手軽だし、みんなでワイワイできるし、子供が仕込んでくれたものは口に入れるまで何を食べてるのかわからないのでゲーム性があるし、ビールに合うし…

キャンプ料理にオススメです!


夜はちょっと寒いのでテントの中でゆっくり。 

薄手のダウンやフリースを持っていったほうが安心です。
夜は涼しくてよく眠れました。


朝。

この風景を見るためにここに来たのです。



日も少しずつ高くなり、牛たちも活動的。


キャンプ場全景。

右の赤い点が高台にあるキャンプ場に設置されてる他のキャンパーのテント。

うちのテントサイトは左側の白い点です。(わかりにくい)


朝食を済ませ、ダラダラゆっくり(大人のみ)


昼寝の後。。

夕方、雨の前に撤収を済ませ、帰ります。


途中、須崎の温泉へ。

とてもいいお湯でしたよ。

また「寒い」を体験したくなったら来ます。

真夏の海キャンプ (爪白キャンプ場)

高知県の爪白キャンプ場に行ってきました。


こちらは高知県の土佐清水市にある広大な芝生のキャンプ場。

キャンプ場は、管理棟やトイレ・シャワーがある車が乗り入れが出来ないメインの場所と、そこから少し離れた所の車が乗り入れ可能な2箇所に分かれています。

入場料はどちらも清掃協力金として一人一日 300円(小学生以上) 。車乗り入れの場合は一台につき1000円プラスです。

協力金を支払うとゴミ袋を一枚もらえ、帰りに捨てていけます。(なんとすばらしい!このシステムはほんとに助かります。)

この料金でこのロケーションのキャンプ場を利用できて綺麗な海で海水浴なども楽しめるのはほんとにうれしい!さすが高知ならではです!

私たちは迷わず車乗り入れ可能の方を選択。

こちらはトイレが少し遠いけど水道があるので不便を感じません。


広くて自由な感じです!

こちらのキャンプ場は2019年春頃に再オープンを目指して「スノーピーク」に再整備の基本計画策定を委託しています。

スノーピークが手を加えることで今後どう変わるか、楽しみですね!

キャンプ場の裏はグラスボート乗り場。

海水浴場までも歩いてすぐです。


魚もたくさん!


夜はゆっくり。

娘も焚き火を楽しんでます。


月もきれい


今回は次の日の朝一番でグラスボートに乗ってきました!

娘たちも大喜び!このグラスボートなかなかあなどれません!大人もワクワク楽しめます。

このあたりの海はほんとにキレイです。


キャンプ場に戻るとまたすぐに焚き火。

暑いのに二人でウインナーを焼き焼きしてます。


ホットサンドが焼き上がり朝食を済ませた後は海‼︎ 

  キャンプ場で知り合ったご家族と一緒に楽しみました。

で、思いっきり遊んだ後は日陰でゆっくりタイム。(大人のみ)


夕方に撤収を済ませて帰り道にある四万十の温泉に寄って帰りました。

次回はもう少し涼しい季節に釣りメインのキャンプでも訪れてみたいと思ってます。